Amazonのせどりは儲からない!というウワサ

物販=せどり?

Amazonでの物販は、いわゆる「せどり」ですよね。
安く仕入れて、仕入れ値より高く売る。
結局のところ構造は、物販もせどりも「価格差」から利益を得る点で相違ないのではないでしょうか。

ただ世間一般では、通称せどらーはかなりウザい存在の位置にいますね…。
こういう人たちは限定品などの、希少価値の高さから高い利益率を狙える商品を買い占めたりして、
本当に欲しい人たちが定価で買えなくなるので非難されています。

 

Amazonのせどりは儲からない

私がチャレンジしている物販は、利益の構造はせどりと何ら変わりませんが
ちょっと狙いが違います。

すでにAmazonで販売している商品を、
Amazonより安く売っているところから仕入れて
Amazonで買いたい人にAmazonの価格で届けるというモノです。
ということは、定価よりも安いケースがほとんどですよね!

その販売価格の中で利益の出る商品を探すのが難しいんです…。
あっ、思わず愚痴ってしまいました(笑)

でも、これが世間で「Amazonのせどりは儲からない」と言われている理由だと思います。

 

Amazonのせどりで利益より大切なこと

確かに商品のリサーチは大変です…。
私レベルだと1日リサーチしても見つからないなんてザラです、今のところは。
資金も豊富にはありませんからね。

でも、私はAmazonでの物販をスタートした段階では
利益を出すことよりも「売ること=実績」
が大事だと思っています。

なぜなら、Amazonには独自のセラー評価ルールがあり、
その評価が高いセラーが優遇されるからです。

Amazonの物販において、もっとも重要なのが、カートの獲得です。
カートについてはこちらで説明しています。
>>> 『Amazonでカートボックスを取ることと、あともう一つ…』

物事には順序があって、最初の準備期間が一番大変です。
Amazon物販でも、最初の評価を上げる準備期間が一番大変で
ここで多くの人が「Amazonのせどりは儲からない」と結論付け、去っていきます。

ノウハウコレクターの私が一番よく分かっているつもりです。
そうやって何度も諦めてきましたからね(笑)

Amazonからの評価を上げる準備期間を乗り越えれば
「Amazonのせどりは儲かる!」に変わるはずです!!

目指せ!脱ノウハウコレクター!!

 

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)