2018年2月2日(金) 大失敗トレード!!

2日(金)は、4回トレードを行いました。
ちょっと多いですね…。

考察(1回目「USD/JPY」)

日足では下降トレンド中ではあるけど、
サポートラインで反転し、上昇中。
どちらに行くか判断が出来ないが、
前日のローソク足の上ヒゲが長いのが気になる。
⇒ 長期的には、下降トレンド中なので、買いよりは売りかなぁ…。

1時間足では、流れの転換が起こりやすいと言われている
十字線が出現!
さらに長期移動平均線にタッチしている。
⇒ ジリジリと上がってきてはいるが、再び下がるのでは!?

結果(1回目「USD/JPY」)

109.489(下向き矢印の場所)で売りエントリー。

その後、ちょっともみ合って
逆に上へ大きく上がりました…。
損切までは達していなかったので、
ホールドしていると再び下がってきました!

しかし、再度上昇へ変わってしまったので
手動で109.667で決済。
(レ点部分)

-17.8pipsという結果に…。

考察の段階の予想に頼りすぎている。
もっと根拠を明確に。

考察(2回目「AUD/USD」)

日足では、過去の高値を若干更新してから
下がってきている。
前日に長い下ヒゲが出ているが
今のところ下がってきている。
⇒ 移動平均線までは下がりそう。

1時間足では、下がってから一旦上がり、
節目のラインに当たって、再び下がってきている。
レジサポ転換かと思われる。
⇒ 下降トレンドが確定し、このまま下がりそう。

結果(2回目「AUD/USD」)

0.79969(下向き矢印の場所)で売りエントリー。

もみ合った後、上昇し、
損切に設定していた0.80131に到達し決済。
(レ点部分)

-16.2pipsという結果に。

2連敗で悔しがっていると…
その後、狙い通りに下がるという
負けトレードの一番悔しい“あるある“にハマる…(涙)

ドンマイです…。
読みはあっていたけど、
こればっかりは仕方がない…。

考察(3、4回目「USD/JPY」)


1回目で予想とは逆に上昇してしまった「USD/JPY」。
1時間足で見ていると、
(右上の赤丸部分)

①十字線の出現
②次のローソク足は強い陽線
③その次は陰線
④そして前の陰線を帳消しにする陽線

この流れから、上方向に目線を切り替えます。

結果(3、4回目「USD/JPY」)

109.635で買いエントリー。
(左側の上向き矢印)

その後、上昇してから
下落してきましたが、
1時間足のローソク足構成から
上がる可能性が高いと判断し、

109.727で追加の買いエントリー。
(右側の上向き矢印)

設定した利確ラインまではなかなか到達せず
夜に用事があったので、損切ラインを上げて外出。
(2つのポジションが損切になっても-3pipsくらいの位置)

その外出先で決定的なミスに気が付き
愕然とする…。その話は後述。

帰ってみると、無事に2つのポジションが
設定した利確ライン110.017に到達し決済されていました。

+38.2pips
+29.0pips

いや~めでたしめでたし!
…ではなぁーい!!

大失敗

そう、今回の大失敗とは…
この日は、何と月に一度の

米雇用統計発表の日!

そのことをすっかり忘れて
その時間にポジションを保有したままにしておくなど
言語道断です!

自分で言うのもなんですけど…。

今回はたまたま良い結果になっただけで
逆の結果でもおかしくはありませんでした。

猛省せねば。

 

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)